ブログパーツ
めざセミ!セミリタイアを目指す20代のブログ

0   0


 どうもマサです。

 今回はNTT Docomoの格安スマホプランドコモウィズdocomo with)対応のスマホをランキング形式で発表したいと思います。

 ドコモウィズとは・・・ドコモウィズ対象商品を購入すると月々の料金が永久的に1500円(税抜き)安くなるプランです。

 現在のところドコモウィズに対応している商品は5つしかありません。(2017年12月現在)

 1. AQUOS sense
 2. MONO
 3. Galaxy Feel
 4. Arrows Be
 5. らくらくスマートフォン me



 ではランキングトップ3の発表に参ります!!




第3位 激安のコスパ中華スマホ MONO MO-01K

 

 発売日  :2017年11月30日

 価格   :25,272円
      (ドコモウィズ割引額 1年間:19,440円 2年間:38,880円)
       ※税額8%として

 製造会社 :ZTEコーポレーション

 CPU   :Snapdragon435
       1.4GHz + 1.1GHz オクタコア

 ROM   :32GB

 RAM   :3GB

 バッテリー容量 :2,800mAh
 
 通信速度 :受信時150Mbps / 送信時50Mbps(最大)

 Wi-Fi対応   :IEEE 802.11b/g/n


【 全体コメント 】

 ドコモウィズ対象商品を買いたいユーザーを考えた時、まさに理にかなった商品がこのMONOではないでしょうか。何より価格が安く2万円代で購入することができます。ドコモウィズの割引額を考えれば、1年4ヶ月程で元がとれる計算となります。

 製造元はZTEという中国メーカーで国内産に比べると信用度は少し下がります。ですがCPUはオクタコアのSnapdoragonでありそこまでの低スペックということではありません。
 
 LTE通信速度はGalaxy Feelに比べると落ちますが、他格安SIMと比べると考えるとさすがキャリアSIMといったところでしょうかかなり高速です。注意が必要なのがWi-Fi対応規格が限定されており5GHz帯には対応しておりません。




第2位 ドコモウィズ最強のハイスペスマホ Galaxy Feel SC-04J

 

 発売日  :2017年6月15日発売(2017年11月10日新色追加)

 価格   :36,288円
      (ドコモウィズ割引額 1年間:19,440円 2年間:38,880円)
       ※税額8%として

 製造会社 :サムスン電子株式会社

 CPU   :Exynos7870
       1.6GHz オクタコア

 ROM   :32GB

 RAM   :3GB

 バッテリー容量:3000mAh

 通信速度 :受信時262.5Mbps / 送信時50Mbps(最大)

 Wi-Fi対応   :IEEE 802.11 a/b/g/n/ac


【 全体コメント 】

 ドコモウィズ対応機種の中ではスペックが最高の機種。LTE通信速度はプレミアム4Gに対応しており、ドコモの高速通信回線を体感できます。Wi-Fi通信規格も5GHz帯まで対応しており、バッテリー容量は3000mAhとかなり大きめで信頼のできる数値となっています。

 懸念点を挙げるとするならばやはり価格でしょう。3万円半ばの機種代は決して安くなく、ドコモウィズの割引額で考えるとほぼ2年使うまで元は取れません。
 
 あとはメーカーが韓国製サムスン電子ということですが、サムスンはもうかなりのグローバル企業となっておりおおくのGalaxyスマホを生産・発売していることから信頼度はそこそこあるのではないかと思っています。値段にこだわらないならGalaxy Feel1択でしょう。




第1位 国内産手頃なスマホが新登場! AQUOS sense SH-01K

 

 発売日  :2017年11月10日発売

 価格   :30,456円
      (ドコモウィズ割引額 1年間:19,440円 2年間:38,880円)
       ※税額8%として

 製造会社 :シャープ株式会社

 CPU   :Snapdragon430
       1.4GHz + 1.1GHz オクタコア

 ROM   :32GB

 RAM   :3GB

 バッテリー容量:2,700mAh

 通信速度 :受信時150Mbps / 送信時50Mbps(最大)

 Wi-Fi対応   :IEEE 802.11b/g/n


【 全体コメント 】

 国内産の手頃な良コスパスマホがドコモウィズで新登場しました。価格は3万円を少し超えるくらいの手頃な価格で、MONOよりも高く、GalaxyFeelよりは安いという絶妙な設定です。ドコモウィズの割引でいうと丁度1年半くらいで元がとれる計算となります。

 基本的なスペックでいうと第3位のMONOによく似ていますが、やはり国内産スマホということで修理等の安心感は大きいです。

 シャープこだわりのIGZOディスプレイで液晶はとても綺麗ですし、防水・防塵の性能も完備しており普段使いとしては申し分ない仕上がりです。特にドコモウィズスマホは長期間使用すればする分だけ割引が効くのでこのAQUOS senseと相性が良いと言えるでしょう。

 一般的なライトユーザーが使用するスマホとしてはAQUOS senseは間違いないでしょう。



***

 今回は今注目度の上がっているドコモウィズ対象商品について考察を行い、ランキング形式でご紹介いたしました。
 格安スマホが充分流行している現状ですが、大手キャリアの商品施作についても注目していきたいところです。

 みなさまの素敵なスマホライフの一助になれば幸いです。
 どうもありがとうございました。


 以上、スマホをそろそろ機種変したいマサでした!!


 ばいちゃ

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mezasesemiretire.blog.fc2.com/tb.php/253-d924efdb
該当の記事は見つかりませんでした。